HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

愛知教育大学
センター長挨拶

センター長挨拶

国立大学法人 愛知教育大学 教員養成開発連携センター長 中田 敏夫国立大学法人 愛知教育大学
教員養成開発連携センター長
中田 敏夫

2012年度国立大学改革強化推進事業として、全体のマネジメントを行う教員養成開発連携機構を東京学芸大学に置き、その下に活動の拠点となる教員養成開発連携センターを北海道教育大学、愛知教育大学、大阪教育大学に設置し、「大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-」を実施することになりました。その後同センターでは、「先導的実践プログラムの開発プロジェクト」「教職員研修」「教員養成系のIRネットワークの構築」「教員養成系大学・学部の交流・相互支援の促進」などの事業を展開してきています。

本学では、教員養成開発連携センターを開設し、「IR部門」「研修・交流支援部門」「先導的実践プログラム部門」が展開しています。

「IR部門」では、全体としての教員養成系のIRネットワークの構築をめざしており、その内容としては、教員を目指す学生の一定水準の質を確保するためのプログラムの開発や、学生の学習成果の調査、分析、改善プログラムの共同開発、ベンチマーキングによる評価手法の開発などを進めることとしています。

「研修・交流支援部門」では、教員養成の国際化を目指したSD、FD研修の共同実施などを行うこととしています。

「先導的実践プログラム部門」は、これまで本学が取り組んできたプロジェクトを継続させながら、かつ他の大学と連携しながら事業を普及させていくこととしています。同時に他大学が先導的に実施してきたさまざまなプロジェクトに本学の関係者が参加・共同することにより、その成果を本学の教員養成の発展に取り入れることを目指しています。2014年度からは、これまでの「科学・ものづくり教育推進部門」「特別支援教育推進部門」に加え、「外国人児童生徒学習支援部門」が動き出しています。あわせて、魅力ある教員をどのように養成するかを検討する「教員の魅力プロジェクト」も動き出しています。

今後、本センターは、教員養成系大学・学部間での連携と協力を図りながら、先導的かつ特色ある取組を展開させる中でHATO以外の教員養成系大学・学部とも相互交流・支援のネットワークを整備することにより、新たな未来を築くため大学教育の質的転換を目指して活動を進めることとしています。

ページトップへ戻る