HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

北海道教育大学
活動報告

ホーム > 北海道教育大学 教員養成開発連携センター > 活動報告 > 小学校英語教育の指導力向上プロジェクト > 小学校英語教育の指導力向上プロジェクト研究発表会及び平成26年度第3回小学校英語教育の指導力向上プロジェクト会議を開催しました

小学校英語教育の指導力向上プロジェクト研究発表会及び平成26年度第3回小学校英語教育の指導力向上プロジェクト会議を開催しました

カテゴリ:小学校英語教育の指導力向上プロジェクト|2015年3月27日


開催日 平成27年3月1日(日)
開催場所 東京国際フォーラムG409会議室

平成27年3月1日(日)に、本プロジェクトの研究発表会及び平成26年度第3回プロジェクト会議を開催しました。

研究発表会では、小学校での英語の授業を10年以上前から取り入れている台湾の台北市立大学から、Lai准教授、Ho准教授と、2名の大学院生をお招きし、日本と台湾における小学校英語の比較を通して、取組みの成果や今後の課題について英語で発表していただきました。台北市立大学の先生方の発表は、今後の日本の小学校英語教育の参考となる、大変充実した内容でした。

研究発表会には4大学から18名の学生も参加し、Lai准教授やHo准教授の発表内容について英語での質疑応答が行われ、有意義な意見交換ができました。午後は各大学から学生が1名ずつ、自身の卒業論文・修士論文について英語で研究発表を行いました。

これまで、平成26年8月の第1回対面交流や、オンライン接続で行った11月の第3回協働授業を通して、4大学の学生間交流を深めてきました。今回は前日の2月28日(土)に開催されたHATOプロジェクトシンポジウムにも4大学の学生が参加したことで、学生同士でお互いの研究についての理解を深めたり、教員になった場合の目標を話し合ったりと、2日間の充実した対面交流の機会を持つことができました。

また、研究発表会終了後に、本年度第3回のプロジェクト会議を実施しました。石塚教授から今年度の進捗の報告がなされ、来年度の協働授業の実施時期や、Glexa上での小学英語オンラインコースの実際の講義への活用方法などについて話し合われました。

ページトップへ戻る