HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

北海道教育大学
活動報告

東大和市・狭山市で現職教員向けの研修会を開催しました

カテゴリ:演劇的手法による教員養成課程の学生並びに現職教員のコミュニケーション能力育成プロジェクト|2016年8月 8日


平成28年7月28日(木)~7月29日(金)に、東大和市及び狭山市において、「演劇的手法による教員養成課程の学生並びに現職教員のコミュニケーション能力育成プロジェクト」による現職教員を対象とした研修会を実施しました。

研修会は、川島裕子特任研究員(北海道教育大学)を講師として、ゲームやアクティビティによる参加型、体験型、双方向型のワークショップ形式で行い、「関係性」、「自己理解」、「他者理解」をテーマとして、「コミュニケーション実践」という観点から、自らの課題や目標を明確にすることを目的として実施しました。

東大和市では14名、狭山市では18名の参加があり、研修を受けた現職教員からは、「体験したアクティビティから自身の問題点に取組む糸口が見つかった」、「教室の空間の使い方や雰囲気作りに大きなヒントを得た」といった感想があり、大きな反響がありました。

なお、今後本プロジェクトでは、「コミュニケーション実践」を教員養成大学へ広げていくため、これまでの研究成果をとりまとめた書籍を発行するとともに、このような現職教員への研修等を積極的に実施していくこととしています。

ページトップへ戻る