HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

大阪教育大学
センター長挨拶

センター長挨拶

国立大学法人大阪教育大学 教員養成開発連携センター長 入口 豊国立大学法人大阪教育大学
教員養成開発連携センター長
入口 豊

今日、国立大学の変革を求める声が高まっている中、北海道教育大学(H)、愛知教育大学(A)、東京学芸大学(T)、大阪教育大学(O)では、四大学連携による国立大学改革強化推進事業として、平成24年度から「大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築-教育ルネッサンス・HATOプロジェクト-」を始動させました。今回の取り組みは、それぞれの大学の特色・強みを活かしつつ、連携して教員養成機能の強化・充実に向けた事業を行い、4大学連携による具体的な活動を通じて、全国にその成果を発信することを目的としています。

HATOプロジェクトでは、各大学に教員養成開発連携センターを設置することになり、本学も平成25年10月に同センターを開設し、IR部門、研究・交流支援部門、先導的実践プログラムの3つの部門を共通して設置し、活動を開始しております。

IR部門では、教員養成大学・学部のIRネットワーク構築を目指し、教員養成大学・学部の個性と特色を発揮するための基礎データの分析に4大学合同で取り組みます。研修・交流支援部門では、教員の国際化を目指した研修プログラムの共同実施並びにFD・SDのプログラム開発に取り組みます。先導的実践プログラム部門では、我が国各地の小学校における安全教育の着実な普及と安全教育の水準の確保を目指す「安全・防災教育のプログラム開発」、グローバル人材育成を担う学校教員養成課程における英語教育の質保証を目的とし、教員養成系大学・学部における英語教育プログラムの改善を目指す「教職基礎体力を備え国際感覚に優れた教員の養成充実に向けた改革」のほか、HATO構成大学での多彩な取組みに積極的に協力していきます。

このたび、HATOプロジェクトが国立大学改革強化推進事業に採択されたことにより、4大学連携による取組みを通じた教員養成機能の充実が全国に拡がることを期待しております。関係の皆様には、今後とも引き続き御指導、御鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る