HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

大阪教育大学
活動報告

小学校教員を対象に「e安全学習研修会」を開催

カテゴリ:安全・防災教育のプログラム開発プロジェクト|2014年8月25日


開催日 平成26年3月24日
開催場所 大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター

大阪教育大学では、安全推進における共感と協働に関する理解を基盤とする児童の自己効力感や自尊感情を育み、児童の登下校時や放課後における危険予測能力や危険回避能力を高め、児童が犯罪被害に巻き込まれる危険の発生を予防することを目的として、これまでに小学校児童を対象とする防犯教育のためのe-learning用デジタル教材を開発してきている。

HATOプロジェクトでは、これらの活動成果を踏まえ、新たに「安全・防災教育プログラムの開発」をテーマに既に開発済みの「犯罪からの安全」領域に加え、新たに「外傷からの安全」と「災害からの安全」領域、更に可能であれば「交通安全領域」のデジタル教材を作成して安全教育内容の充実を図ることとしている。さらに、全国の学校環境を踏まえ、インターネットに接続しなくても利用可能なe安全学習教材として、我が国の小学校における社会実装を推進していきたいと考えている。

そのHATOプロジェクトの第1段階として、2014年3月24日、大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンターにおいて、HATO構成4大学の附属小学校教員を対象に『e安全学習研修会』を開催し、HATO構成4大学関係者を中心に16名が参加した。

このe安全学習研修会は、子どもたちへの指導の前提として、教員自身が教材構成理念に関する理解を深め、実践的な教材活用方法を学ぶことにより、小学校においてe安全学習教材を用いた安全教育が効果的かつ円滑に展開されることを目的として実施されるもので、研修修了者は「e安全学習普及員」(有効期間3年間)として認定され、我が国における安全教育の一層の普及と人材育成に取り組んでいっていただけることも期待されている。

ページトップへ戻る