HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

大阪教育大学
活動報告

HATOワークショップ2015を開催

カテゴリ:教職基礎体力を備え国際感覚に優れた教員の養成充実に向けた改革プロジェクト|2015年11月 9日


開催日 平成27年10月25日(日)
開催場所 大阪教育大学 天王寺キャンパス

大阪教育大学が主担するHATO「教職基礎体力を備え国際感覚に優れた教員の養成充実に向けた改革プロジェクト」では、去る10月25日(日)同大学天王寺キャンパスにおいて、外国語学習支援ルーム(Global Learning Community=GLC)専任教員のジョン・トムセック(John Tomecsek Ⅲ)特任准教授を講師に「小学校での英語授業を成功させる4つの秘訣」をテーマとするワークショップを開催し、北海道から福岡まで全国から34人の現職教員や学部生・大学院生の参加を得て実施されました。
当日は、プロジェクトリーダーである大阪教育大学国際センターの赤木登代教授の開会挨拶の後、トムセック特任准教授による講話とアクティビティで進行しました。講話はユーモラスでエキサイティング、アクティビティは楽しく、ややハードなものでしたが、洗練されたエンターテイメント性を備えた内容で、閉会後の参加者には笑顔があふれ、なお意見交換を行う姿が印象的でした。
終了後のアンケートでも「大人でも楽しめるのだから子どもたちはもっと楽しめる」「いろいろ工夫して授業をしてみようという気になった」「今まで参加したセミナーやワークショップの中でベストな内容と講師」「是非、私の県にもお呼びしたい」など、たいへん好評でした。

トムセック特任准教授による講話トムセック特任准教授による講話
アクティビティの様子アクティビティの様子

ページトップへ戻る