HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

活動報告

ホーム > 活動報告 > HATOプロジェクト > 平成26年度 第2回 機構会議及び運営会議開催

平成26年度 第2回 機構会議及び運営会議開催

カテゴリ:HATOプロジェクト|2014年12月 5日


開催日 平成26年11月13日(木)
開催場所 各大学テレビ会議システム設置場所

文部科学省国立大学改革強化推進補助金事業HATOプロジェクトの本年度第2回教員養成開発連携機構機構会議及び運営会議が、11月13日(木)関係4大学をテレビ会議で結んで開催された。

今回はHATO最終目標イメージの共有や平成27年2月28日(土)学術総合センター(東京都千代田区)で開催予定の「HATOプロジェクトシンポジウム(中間成果報告会)」の内容などが議題として話し合われた。

開会に先立ち、出口利定機構長(東京学芸大学学長)から、4大学でより具体的な研究の進め方を考え、進捗状況等の情報共有を行うため本年度から開始されたセンター長会議が、HATO事業進捗の加速・充実につながっていることについて謝辞が述べられた。

また、HATOプロジェクトシンポジウムの在り方については、本間謙二副機構長(北海道教育大学学長)から、本シンポジウムでは、教員養成の質保証のために4大学が連携している姿、連携することが質保証につながっていく姿をきちんと示すことの重要性が述べられ、後藤ひとみ副機構長(愛知教育大学学長)からは、当日参加者にとってHATOプロジェクトの成果を有効活用していただけるようなものを提示する必要性があることが述べられた。栗林澄夫副機構長(大阪教育大学学長)からはこの件について、その方向で進めていただきたい旨の発言があった。

当日は、HATOプロジェクトにおけるデータの取り扱いおよび成果の公表に関するガイドラインについても決定されるなど充実した会議となった。

後藤学長(愛教大)、本間学長(北教大)は東京学芸大学会場で参加後藤学長(愛教大)、本間学長(北教大)は東京学芸大学会場で参加

栗林学長(大教大)は大阪からテレビ会議で参加栗林学長(大教大)は大阪からテレビ会議で参加

ページトップへ戻る