HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

活動報告

ホーム > 活動報告 > HATOプロジェクト > 教員養成開発連携機構センター長会議(第3回)を開催

教員養成開発連携機構センター長会議(第3回)を開催

カテゴリ:HATOプロジェクト|2015年10月19日


開催場所 テレビ会議

平成27年度教員養成開発連携機構(目的:教育系国立4大学の連携により、各大学の強みを生かしつつ教員養成機能の強化・充実を図る等)の第3回センター長会議のテレビ会議が開催され、北海道教育大学(H)からは蛭田眞一センター長、愛知教育大学(A)からは中田敏夫センター長、東京学芸大学(T)からは岸学センター長、大阪教育大学(O)からは入口豊センター長が出席した。

会議に先立ち平成27年7月1日付けで北海道教育大学教員養成開発連携センター長に就任した蛭田眞一センター長から「現在までIR部門にかかわってきたが、今後は他部門・プロジェクトの情報も得ながら尽力したい。」との挨拶があった。

今回の会議では、先日行われた文部科学省国立大学改革強化推進補助金(平成24年選定事業)中間ヒアリング評価結果を受け、次年度に向けて本事業を発展させていくための方策等について意見交換を行った。具体的には「これまでの研究で得られた成果を4大学にとどめず、うまく全国に発信し、共有していくその方向性をつかむ必要がある。また、各大学のプロジェクト関係者全てがそういう意識をもつ、また高めていく必要がある。」や「学内での情報共有や共通認識が重要である。」等の意見が出された。

その他HATO4大学単位互換制度や平成27年度年次報告等についての話し合いがもたれ、今後につながる有意義な会議となった。

東京学芸大学 岸学センター長と松田恵示先導的実践プログラム部門長(テレビ会議)

ページトップへ戻る