HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

活動報告

ホーム > 活動報告 > HATOプロジェクト > HATOプロジェクト 4大学単位互換制度協定書締結

HATOプロジェクト 4大学単位互換制度協定書締結

カテゴリ:HATOプロジェクト|2016年3月28日


開催日 平成28年3月7日(月)
開催場所 学士会館「203」(2階)

北海道教育大学(H)・愛知教育大学(A)・東京学芸大学(T)・大阪教育大学(O)の4大学は、相互交流及び教育の充実を図ることを目的として平成28年3月7日(月)HATO4大学単位互換制度に関する協定書を締結した。締結式は学士会館で行われ、教員養成開発連携機構機構長及び副機構長(4大学学長)、センター長、事務局長等関係者が参加した。単位互換を行う授業科目は、HATOプロジェクトが開発したカリキュラムを中心とした授業科目とし、平成28年4月1日から実施することとしている。

締結式における挨拶で、機構長である東京学芸大学出口利定学長は、「ようやく単位互換という連携を具体的な形で現すことができる事業に本日踏み込んだ。様々なルート、チャンネルを通じて単位互換のあり方がますます広がっていけばいいと考えている。是非、各大学と多くの学生がたくさんの授業に参加して欲しい。」と述べた。

今回の単位互換制度により、HATOプロジェクトの成果向上及び4大学の学生の交流の広がりにつながることが期待されている。

また、協定書締結式後は、教員養成開発連携機構会議及び運営会議(第3回)を開催し、平成27年度事業報告並びに平成28年度計画について各センター長から報告の後、平成28年度事業方針について協議した。

右から蛇穴学長(H)、後藤学長(A)、出口学長(T)、栗林学長(O)
右から蛇穴学長(H)、後藤学長(A)、出口学長(T)、栗林学長(O)

ページトップへ戻る