HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

東京学芸大学
センター長挨拶

センター長挨拶

国立大学法人 東京学芸大学 教員養成開発連携センター長 松田 恵示国立大学法人 東京学芸大学
教員養成開発連携センター長
松田 恵示

平成28年4月から、新しく東京学芸大学教員養成開発連携センター長となりました松田恵示です。どうぞよろしくお願いいたします。

HATOプロジェクトが始まって、初代センター長が、野口裕二先生、二代目センター長が岸学先生でしたので、私で三代目のセンター長となります。先のお二人の先生がリーダーシップを発揮されて積み上げてくださった成果を、今年度と来年度のあと2年で、まとめていく時期のセンター長となりました。精一杯務めるつもりですが、一方で力不足は目に見えていますので、多くの関係する教職員のみなさま方のご協力をいただかなければ務まりません。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

本プロジェクトは、「教員養成の教員養成教育が共通して抱える諸課題を協働で解決できる体制を整備するとともに、全国の教員養成系大学・学部とのネットワーク化を図り、日本における教員養成の高度化支援システムを構築する」ことを目的とした取組です。この意味では、4大学で積み重ねてきた成果を礎に、さらに広い連携や協働のネットワークを構築する時期となってきています。様々なご意見やご要望を是非賜りながら、さらにプロジェクトを進めていきたいと思います。重ねまして、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

松田 恵示

ページトップへ戻る