HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

東京学芸大学
活動報告

ホーム > 東京学芸大学 教員養成開発連携センター > 活動報告 > 放射線教育プロジェクト > 放射線教育プロジェクト(四大学連携会合開催)

放射線教育プロジェクト(四大学連携会合開催)

カテゴリ:放射線教育プロジェクト|2014年10月31日


開催日 平成26年9月10日(水)
開催場所 東京学芸大学 自然科学系研究棟1号館 M102教室・理科第2実験室
四大学連携会合(午前)四大学連携会合(午前)

先導的実践プログラム部門・放射線教育プロジェクトでは、本学において今年度第1回 四大学連携会合が開かれました。

北海道教育大学から中村秀夫教授、愛知教育大学から児玉康一教授、大阪教育大学から鵜澤武俊准教授が、また、本学からは岸学センター長、遠藤雅己学系支援課長、松岡晃代教員連携担当課長、本プロジェクト責任者鎌田正裕教授の他、本学自然科学系教員ら11名が参加しました。

午後の会合午後の会合
午前からの会合では、岸センター長から本プロジェクト(先導的実践プログラム部門)についての説明の他、各大学における放射線教育の実状および、当面の課題の共有について、活発な意見交換が行われました。

午後は、場所を理科第2実験室に移動して、本プロジェクトで進行している『東京学芸大学における放射線教育の試み』として、各授業についてのポスタープレゼンテーションと、四大学連携による放射線教育プロジェクトの今後の展開について話し合われました。

教員養成系大学として、どのような連携の形が現実的であるか等、今後の可能性について意見交換が行われました。

また、来年度に向けて、四大学での連携授業の構想についても意見が交わされ、今後の放射線教育プロジェクトにとって実りある会合になりました。

ページトップへ戻る