HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

東京学芸大学
活動報告

平成29年度 第6回 運営委員会が開催されました。

カテゴリ:東京学芸大学 教員養成開発連携センター|2017年11月14日


開催日 平成29年10月17日(火)
開催場所 東京学芸大学

平成29年度第6回運営委員会が開催された。当日は、東京学芸大学教員養成開発連携センター通信NO.17及びHATOウェブ掲載原稿について審議が行われた。また松田センター長から、平成29年度教員養成開発連携機構センター長会議(第7回)について報告があった。

各部門の事業進捗状況についての報告は以下のとおり。

IR部門

  • 現在、今年度の新入生学習調査、大学生学習調査の学部2年生から4年生の集計結果に基づき、経年変化や他大学とのデータ比較等の分析をしていること。
  • 11大学意見交換会を12月9日のシンポジウムの午前中に如水会館で行うこと。

研修・交流支援部門

  • PD講座はビデオ撮影を中心に行っていること。
  • 確認テストを順次作っていること。
  • 大阪教育大学が10月24日に外部向けPD講座を実施すること。
  • 学内の授業を活用したPDについては、秋学期はFD部会委員の先生に依頼をしていること。
  • 10月22日の外部向けPD講座には39名が参加予定で、月曜日に確認テストを送付したこと。
  • 10月27日に学内向けPD講座第7講を行い、FD認定を得たこと。
  • 次年度に向けて、PD講座、学内授業を活用したPD、そして全体設計について4大学で話し合いをしていること。

先導的実践プログラム部門

  • 教育支援人材PJについて、日本教育支援協働学会設立の趣意及び学会会則の説明があり、意見交換を行ったこと。設立シンポジウムを平成30年2月3日に一橋講堂で開催すること。
  • 教育環境支援PJについて、学生が自分達の企画を基に活動を広めていること。来年度以降へき地・小規模校教育に関するPJとの連携を深めること。
  • 附属学校間連携PJについて、教育実習指導者向けのFDコンテンツ87本が閲覧できること。また、東京都研修センターで見たいコンテンツを組み合わせができるようにすること。1月28日に開催する研究協議会でFDコンテンツのアピールをし、使用してもらえるようにすること。
  • 放射線教育PJについて、9月4日から7日に4大学合同集中授業があり、15名が参加し、修了したこと。10月1日にシンポジウムとワークショップが行われ、70名弱の参加があったこと。参加者は主に大学、中学校、高校の先生であったこと。

IB教育プロジェクト

  • 最終年度報告に関する4大学合同会議を行う予定とのこと。2月にシンポジウムを実施予定とのこと。

他大学主催プロジェクトについて

資料に基づき他大学主催プロジェクトの状況について報告があった。

ページトップへ戻る