HATOプロジェクト大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築
-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-

文字サイズ
検索

東京学芸大学
活動報告

平成29年度 第7回 運営委員会が開催されました。

カテゴリ:東京学芸大学 教員養成開発連携センター|2017年12月25日


開催日 平成29年11月7日(火)
開催場所

平成29年度第7回運営委員会が開催された。当日は、HATOウェブ掲載原稿について審議が行われた。松田センター長から、平成30年度以降の本学での事業継続の在り方について、当日配布資料に基づき報告及び説明があった。その際、残りの期間でHATOプロジェクトのまとめ方について問題意識を共有した。また、HATOプロジェクトシンポジウムについて、参加者申し込み状況、シンポジウムの連絡事項など報告があった。

各部門の事業進捗状況についての報告は以下のとおり。

IR部門

  • 11月8日に4大学テレビ会議を行い、シンポジウム冊子原稿の確認や、IRコンソーシアム設立の手順について話し合う予定であり、ここではデータの共有だけでなく、データを用いた教学改善の活用事例案の交流ができる催し、ワークショップなどを検討予定とのこと。

研修・交流支援部門

  • PD8講座パッケージ化に向けた映像教材の作成について、11月16日に第2講を撮影すること。
  • 効果測定を兼ねた確認テストを作成していること。
  • 教職員PD講座のパッケージのちらしを作成し、配付をしていること。
  • 学内の授業を活用したPDを11月29日に行うこと。
  • 外部評価を受けることを検討していること。

先導的実践プログラム部門

  • 附属学校間連携PJについて、11月22日に4大学テレビ会議を実施し、1月28日に、明治大学で全体協議会を行う予定とのこと。

IB教育プロジェクト

  • 11月27日に大阪教育大学、そして11月28日に4大学と2回に分けて会議を行うことが決定したこと。
  • 来週月曜日、火曜日とIBCの訪問があること。

ページトップへ戻る