自分の強みが分からなければ人材会社による書類添削サービスを利用しよう

自分の強みが分からなければ人材会社による書類添削サービスを利用しよう

どこかの会社で働きたいなら、必ず書類は提出する事になります。

 

その中で人事選考に大きく関わってくる書類は、履歴書や職務経歴書です。いずれも、かなり重要な書類なのは間違いありません。

 

上記の2つの書類は、書類選考に大きく関わってくるからです。そもそも就活や転職の人事選考は、たいていは2段階になります。1段階目は書類選考が行われますが、合格者のみ2段階目の面接などに進むケースが殆どです。企業によっては、さらに役員面接などもあります。

 

もちろん1段階目の書類選考に通らなければ、2段階目に進むことはできません。だからこそ、上記2つの書類が重要なのです。

 

少なくとも、人事担当者に「この人には会ってみたい」と思わせる必要があります。書類を見ただけで会う気が失せてしまうような状況だけは、何としても避けたいものです。書類は、慎重に作成するべきでしょう。

 

それで職務経歴書や履歴書を作成する時には、色々とコツはあります。一般的には、志望動機を充実させることがポイントになるでしょう。人事担当者にやる気が伝わると、書類選考に通過する確率も高まるのは事実です。

 

一般的には応募企業の会社理念などをよく読んだ上で、自分の志望動機と結びつけるのが良いとされています。しかし、それを文章にするのは感じられる事もあるでしょう。志望動機を文章にまとめるのは、思った以上に難しいと思う事もよくあります。

 

ところでWEBで求職に関する情報を探していきますと、書類選考に関するサービスを見かけることがあります。そういうサービスは、ぜひ活用すると良いでしょう。

 

例えばある転職サイトでは、職務経歴書や履歴書に対する添削サービスを提供しています。サイトの担当者に連絡をすると、自分なりに頑張って作った職務経歴書の出来栄えに関してアドバイスしてくれる訳です。そのアドバイスを受けるだけでも、随分と選考通過率は変わってきます。

 

そもそも自分で作った職務経歴書の出来栄えなどは、自分で客観的に見てみても、良いか悪いかが今ひとつ分かりづらい事も多いです。大学生にとっては、それは少々ハードルが高く感じられる事もあるでしょう。

 

ところが転職や就活の担当者によるアドバイスを受けると、自分ではなかなか見えない欠点も、見えてくるのです。そのアドバイスをヒントに職務経歴書を書き直してみると、選考通過率が高まる事もよくあります。

 

ですから書類選考で不安な時は、人材サービスの会社による添削サービスを活用してみると良いでしょう。

 

自分の強みが分かっていないと自己PRも書けないので、強みが知りたいという場合も人材紹介会社に相談することは非常に大きなメリットです。

 

もし、自分で強みを見つけるのであれば、「VIA強みテスト」がおすすめですよ。

 

page top