給料ファクタリング

給料ファクタリングとは?図解で見る個人向け資金調達の仕組みと審査

給料ファクタリングとは?個人向け資金調達の仕組みや審査、デメリットを解説

管理人
管理人

こんにちわ「hatoプロジェクト」管理人の正岡です。

給料ファクタリングは一般サラリーマンの方が必要なときに現金を調達できる、個人向けのサービスです。

即日融資に代わる新しい方法として、今ニーズが高まっています。

お金を借りることと同じ効果がある給料ファクタリングですが、その仕組みや審査、特徴などについてまとめました。

借入との違いやメリット、デメリットについても詳しく見ていきましょう。

もくじ

給料ファクタリングとは?意味・仕組みを図解で分かりやすく解説

給料ファクタリングとは?意味・仕組みを分かりやすく解説

給料ファクタリングとは給料債権の買取サービスのことです。

一般サラリーマンがもつ給料債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、給料日よりも早く現金を手にする方法です。

ファクタリングには(factoring)には「代理人」という意味がありますが、ファクタリング会社が勤務先に代わって、期日より早めに給料を払ってくれるという解釈が分かりやすいでしょう。

給料債権の現金化サービスなので、会社によって一定の手数料がかかります。

給料ファクタリングと融資の違い

給料ファクタリングによる現金調達は、融資と同じような効果がありますが、仕組みが異なります。

融資(ローン) お金を借りて、利息をつけて返済する。
給料ファクタリング 給料債権を買い取ってもらい、給料が入ってから手数料をつけて支払う。

どちらもお金が足りない状況で必要になるサービスですが、仕組みが違えば審査基準やサービスの特徴、メリット・デメリットなども異なります。

ここからは給料ファクタリングのサービスの特徴や審査について詳しく見ていきましょう。

個人向け(サラリーマン・公務員)の資金調達法

給料ファクタリングは名前の通り、給料債権の買取なので、一般の会社員やサラリーマン、公務員の方でも個人で利用できます。

安定収入があればOK

安定収入があればOK

業者によって審査基準は異なりますが、公務員・サラリーマン以外でも派遣社員やアルバイト・パートによる安定収入があれば、給料ファクタリングは利用できます。

安定収入があるかどうかが重要なので、専業主婦の方は利用できませんし、業者によってはアルバイト・パートの方の申込ができないので注意しましょう。

申し込みの際に給料債権の買取希望額を伝えますが、少額からの買取も相談にのってもらえます。

通常の「ファクタリング」は法人・個人事業主だけ

給与ファクタリングとは別のサービスである、通常のファクタリングは売掛債権の買取なので法人や個人事業主(自営業)の方が対象となるサービスです。

審査では大手企業のように社会的な信用の高い法人は有利になりますが、個人事業主(自営業)だと信用力不足により、審査では不利になることがあります。

以下の記事で紹介している株式会社OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングは、個人事業主でも最短24時間以内の資金調達ができることで人気です。

個人事業主でも即日振込が可能なオルタのクラウドファクタリングを詳しく解説

また、複数ある売掛債権を別々の会社に買い取ってもらうことは可能ですが、一つの売掛債権を複数の会社に重複して譲渡する「二重譲渡」は絶対に禁止です。

売掛債権の買取をする、通常のファクタリング会社は数多く存在しますが、給料ファクタリングの会社は少ないです。

前借りの代わりにもなる

給料債権の現金化ができる給料ファクタリングは、前借りの代わりにもなる仕組みです。

給料の前借りだと会社に言いにくいことであり、その後の会社での居心地の悪さに関わることもあります。

給料ファクタリングの場合、高めの手数料が引かれることにはなりますが、お金が足りない時に会社に内緒で調達することができます。

手数料20%~が相場

業者選びの条件として重要になるファクタリング手数料ですが、給料ファクタリングの手数料は20%~が一般的です。

具体例として10万円分の給料債権を手数料20%で買い取ってもらう場合は、単純計算で手数料が2万円となり、8万円を受け取ることができます。

手数料は

  • 勤務先の会社の信用度
  • 給料債権の希望買取額
  • 給料日までの日数

などの項目を基に、業者側のリスクがどれほどかを計算された上で決定します。

例えば勤務先の会社が有名であったり、給料日までの日数が短ければ短いほど、手数料はより安くなると予想されます。

手数料が非公表の業者もある

業者によっては手数料の目安が一切公表されておらず、審査結果が出るまでは分からない場合があります。

その場合は相場の20~30%になることが多いですが、口コミ・評判では40%ほどまで上がる業者もあるとのことなので注意が必要です。

先に紹介した会社の中でも「Get給」は公式サイトで手数料を公表していませんが、審査結果が出てから契約するかどうかを決められるというメリットがあります。

手数料10%~の七福神

手数料を明記していない業者が多い中でも、手数料10%~と公表している七福神は安心して利用できます。

また手数料20%~が一般的な給料ファクタリングにおいて、10%~となっている七福神の手数料は相場よりも安いものになっています。

七福神の口コミ・評判を見る

給料ファクタリングよりおすすめの最新サービス「スマートツケ払い」

スマート(Smart)ツケ払い

給料ファクタリングよりも最新のおすすめのサービスに「スマートツケ払い」があります。

スマートツケ払いは、業者より指定された商品を後払いで購入し、ホームページに簡単な口コミを投稿することで、最大3万円の報酬が得られるサービスです。

後払いで商品を購入する際に簡単な審査がありますが、即日振込の現金化サービスとして話題です。

購入する商品もメールのデータとして受け取れて、来店不要なので、急ぎでお金を作りたい人におすすめです。

ここまで給料ファクタリングについて解説してきましたが、現在はほとんどの業者が廃業となっているので、「スマートツケ払い」の方がおすすめと言えます。

即日振込も可能なおすすめの9社【現在は廃業】

即日振込で現金を作れるおすすめの会社には、次の9社がありましたが、現在はすべて廃業となっています。

給料ファクタリングは貸金業にあたるとの見解が金融庁より発表され、その違法性からほとんどの業者が撤退となりました。

1 七福神
2 毎日給料日くん
3 千羽鶴
4 Get給
5 ウォレットリンク
6 JMマーケティング
7 ファクタル
8 ENZO(エンゾウ)
9 先給(せんきゅー)

審査結果まで最短30分といった利便性の高い業者もあるので、審査スピードを強みとする大手消費者金融にも負けていません。

一方で給料ファクタリング各社によって、即日振込が可能となる条件が「〇〇時までの申し込み」という細かな違いもあるので、詳細はそれぞれの公式サイトで確認して下さい。

ほとんどの業者は土日祝日が休業となっていますが、七福神は日曜日もやっています。

給料ファクタリングの審査と契約の流れ

給料ファクタリングの審査と契約の流れ

給料ファクタリングの審査でチェックされるのは、主に以下の2つです。

  1. 安定収入があるかどうか?
  2. 勤務先の経営状況や社会的信用度など

給料ファクタリングの支払いは、後に給料が入ってからになるので、確実にあなたに給料が支払われるかどうかをチェックされるのです。

よって無職の方は確実に審査落ちとなります。

債務整理や自己破産をした人でもチャンスあり

給料ファクタリングは、融資の審査のように個人信用情報に基づいた返済能力の診断はしません。

したがって、過去の債務整理や自己破産によって信用情報に傷がついている方でも審査に通るチャンスがあるのです。

給料ファクタリングの会社はCICJICC全国銀行個人信用情報センターの信用情報機関に加盟していないため、信用情報に利用履歴が残ることもありません。

審査の必要書類

給料ファクタリングの審査では、一般的に以下の書類を提出することが求められます。

  • 顔写真付き身分証明書(免許証、住基カード、パスポートなど)
  • 保険証
  • 直近2ヶ月分の給料明細
  • 通帳ページのコピー

ファクタリング会社や審査状況によって、提出を求められる書類は異なるので、詳細は各公式サイトでの確認となります。

上記にある通帳ページのコピーは、給料振込を確認するための書類なので、給料明細なしでも対応できます。

契約書はメールでOK

契約書はメールでOK

給料ファクタリングの契約書はメールのPDF(電子契約書)でやり取りをするので、郵送の必要がなく、来店不要で契約できます。

自宅に契約書が届いたりして、周りの誰かにバレないかという心配も無用です。

限度額はあなたの給料次第

給料ファクタリングは給料債権の買取なので、あなたの給料を超えた金額を手にすることはできません。

融資(ローン)は長い期間をかけて分割で返済をするものなので、何百万といった限度額になることもあります。

しかし給料ファクタリングは、給料日が来たら一括返済をするものなので、限度額はあなたの取引金額によって決まるのです。

会社にバレない2者間契約ができる

給料ファクタリングはあなたとファクタリング会社の2者間契約なので、勤務先の会社にバレずに利用できます。

給料日に入ったお金で支払いをするので、勤務先に通知がいくことなく利用できます。

お金を借りることと同様に、ファクタリングの利用も「お金に困っている」ことが周りにバレてしまうので、業者側もプライバシーの配慮をしてくれます。

在籍確認の有無に関しては、各社や審査状況によって対応が異なりますが、電話による在籍確認をする場合でも、会社名やファクタリング利用について話すことはありません。

給料手渡しは審査落ち?

審査では収入証明の書類(画像データ)が必要になりますが、通帳ページのコピーが必須の業者だと、給料が手渡しの人は申し込めません。

よってほとんどの業者では、給料が手渡しだと手続きができないことになります。

必要書類である保険証に関しては、社会保険証を持っている方が主な審査対象なので、国民健康保険だと審査落ちとなる場合もあります。

ちなみに保険証なしで審査に通れる会社はありません。

2社同時の利用はしない

融資に比べて審査に通りやすい給料ファクタリングですが、2社同時の利用はしないようにしましょう。

確実に審査に通りたいからという理由で、複数社を同時に申し込んでしまうと、後の支払いで大変な目に合ってしまう可能性があります。

給料ファクタリングは買い取ってもらった金額に手数料を付けて、一括で支払わなければいけません。

融資のように少額のお金を分割で返すことはできないので、2社同時に支払先ができると、支払いが厳しい状況になります。

ファクタリングを装ったヤミ金・違法業者に注意

ファクタリングを装ったヤミ金・違法業者に注意

ファクタリング業者とされるものの一部には、実際にはヤミ金や悪徳な詐欺業者であるところもあります。

違法な業者の特徴

ファクタリングを装った、危ない違法業者の特徴には以下のようなものがあります。

  • 契約書を作らない
  • 自分たちの素性を明かさない
  • 法外な手数料を取る
  • 手数料以外に説明のない費用を取る
  • 担保・保証人を求められる
  • 電話対応のみで面談がない

主な特徴は上記の通りですが、悪徳業者は取り立てとして、顧客の会社に押しかけてトラブルを起こすことも考えられます。

過去にはファクタリング業者を装った闇金の事件も報告されています。

債権買い取り装い高利貸し| 産経WEST

弁護士・専門家による違法性の指摘

給料ファクタリングは違法ではありませんが、弁護士や司法書士といった一部の専門家の間で違法性があるという意見もあるようです。

通常のファクタリングは債権の売買に当たり、民法第466条を見れば、債権譲渡が法律によって認められていることが分かります。

(債権の譲渡性)466条1項債権は、 譲り渡すことができる。 ただし、 その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

引用元:民法改正案債権譲渡部分逐条解説【慶應義塾大学学術情報リポジトリ】

しかし、給料債権の売買によって債権を現金化することは、実質的に給料ファクタリングの会社が許可なく貸金業を営んでいるとする見方が指摘されているのです。

その他の点では、給料ファクタリングの手数料の利率を、融資の金利に換算すると、年率20%を超える法外なものになることも焦点となっています。

金融庁による貸金業者の認定

2020年3月に金融庁は、給料ファクタリングは貸金業に当たるとの見解を示しました。

よって給料ファクタリングの会社は金融庁の許可なく、貸金業をしていることになってしまいます。

とはいっても今回の件では、金融庁の給料ファクタリングに対する見解を発表したことに留まるだけで、給料ファクタリングが違法となったわけではありません。

給料ファクタリングが法律によって違法となってしまえば、会社も営業ができなくなりますが、現時点ですぐに営業できなくなることはなさそうです。

今回のことで廃業となった業者も多いですが、営業しているところもまだまだあります。

安心安全な正規ファクタリング会社の比較・見分け方

安心安全な正規のファクタリング会社と違法業者を見分ける方法として、3つ解説します。

1.会社概要をチェック

公式サイトの会社概要をチェックして、会社の所在地や代表者名を確認しましょう。

悪徳会社である場合は、会社の所在地が載っていなかったり、代表者名の名前が分からないなど、会社の素性が分からないという特徴があります。

2.手数料は相場通りか

給料ファクタリングの手数料は一般的に10%~となっています。

20~30%といった相場を大きく超える手数料の会社は、悪質な詐欺会社である可能性が高いです。

申し込み前には必ず手数料を確認してからにしましょう。

3.口コミ評判を確認する

安心安全な正規のファクタリング会社の特徴として、良い口コミが多いという特徴があります。

どんな会社にも悪い口コミ評判の1つや2つはあるものですが、悪徳会社には目立って悪い口コミ評判があるものです。

すでに利用した人の体験談はとても参考になるので、会社選びの際には是非活用しましょう。

参考までに以下の記事では、口コミ・評判でもおすすめの会社を一覧で紹介しています。

口コミ・評判でもおすすめの給料ファクタリングはこちらで紹介

給料ファクタリングのデメリット3つ

給料ファクタリングのデメリット3つ

給料ファクタリングのデメリットを3つ解説します。

1.分割払いができない

給料ファクタリングの支払いは分割払いができません。

融資の場合の返済方法とは違い、給料日が来たら一括での支払いとなります。

2.ボーナスの買取はできない

給料ファクタリングは給料債権の買取なので、ボーナスの買取はできません。

買取希望額にボーナス分を上乗せした金額で申し込みはできません。

3.手数料が高め

給料ファクタリングの一般的な手数料は買取希望額の10%~になります。

融資の金利に換算すると高いものになりますが、業者によっては審査結果が出てから、契約をするかどうかを決める事ができます。

給料ファクタリングのメリット5つ

給料ファクタリングのメリット5つ

1.ブラックでお金を借りれない人におすすめ

給料ファクタリングの審査では信用情報の照会がありません。

そのため債務整理や自己破産が原因でブラックになってしまった人の資金調達としておすすめです。

ブラックでなかったとしても、融資よりも審査難易度が甘い傾向があるので審査が不安な人にも向いているサービスです。

2.即日で現金が手に入る

給与ファクタリングは最短即日で現金の調達ができます。

即日融資の代わりとしても利用できるので、急にお金が必要になったときにも対応できます。

審査をスムーズに進めるためには、あらかじめ給与明細などの必要書類を揃えておくと良いでしょう。

3.履歴が信用情報に残らない

給料ファクタリングの利用は信用情報に残らないので、その他の審査に影響がありません。

金融機関などからお金を借入れると、申し込みをした履歴や現在の借入状況が反映され、その他の審査に影響します。

こういった点もローンとの大きな違いの一つです。

4.Web完結で全国から申込ができる

給与ファクタリングはWeb完結での手続きなので、全国から来店不要で申し込みができます。

契約書はメールでのPDFや電子契約書で確認するので、会社の所在地がどこであろうと問題ありません。

5.利息がかからない

給料ファクタリングは融資ではないので、利息がかかりません。

審査に応じて一定の手数料はかかりますが、一括で支払いになるので、時間の経過によって利息が膨らんでいくことはありません。

まとめ

給料ファクタリングの仕組みや審査、特徴などについて見てきました。

融資に代わる新しい方法として、現金が必要なときには非常に便利なサービスです。

信用情報に問題がある方や、事情があって融資を受けられない方でも現金の調達をしやすいとう強みがあります。

ご利用の際は、サービスの特徴やデメリット・メリットを考えた上で有意義な利用をして下さい。

-給料ファクタリング

© 2020 ファクタリング会社・請求書買取のおすすめ比較【hatoプロジェクト】