後払い現金化

バンドルカードで現金化ができる?バンドルカードの基本や利用の流れを徹底解説!

管理人
管理人

こんにちわ「hatoプロジェクト」管理人の正岡です。

手元に現金が無くてもすぐに現金化ができる手段に「バンドルカード」の現金化があります。

「バンドルカード」は、あのVisaのプリペイドカードとして知られており、近年人気を博しているアイテム。

ここでは、バンドルカードを使って現金化を検討されている方に向けた、バンドルカード現金化の方法をお伝えしていきたいと思います。

バンドルカードで即日現金化をする方法

バンドルカードの即日現金化の仕組み

バンドルカードは本来現金化ができないプリペイドカードですが、ポチッとチャージ機能などを利用することで現金化することが可能です。

バンドルカードのポチッとチャージ機能は後払いでのチャージとなるため、購入した商品を転売することで、現金化が可能になります。

自分で転売をする際には、貴金属やブランドバッグなど、換金性の高いものを選びましょう。

また自分で転売をする場合は、手間や時間がかかる可能性があるので、急ぎの方にはおすすめできません。

急いで現金化をしたい方は、現金化業者を利用するのがおすすめです。

ポチッとチャージの手数料に注意

バンドルカードのポチッとチャージ機能は利用金額に応じて手数料が発生するので、以下で詳しくお伝えします。

チャージ金額 手数料
3000円から1万円 510円
1万1000円から2万円 815円
2万1000円から3万円 1170円
3万1000円から4万円 1525円
4万1000円から5万円 1830円

現金化目的のチャージをする際には、手数料のことも忘れないよう注意しましょう。

バンドルカードの現金化業者もおすすめ

クレジットカード現金化業者などの中には、バンドルカードの買取を行っているところもあります。

まだ数は少ないものの、バンドルカードが現金化できる貴重な存在なため人気を博しているようです。

クレジットカード現金化業者でバンドルカードの取引をする場合、キャッシュバック方式による以下の流れで現金化が行われます。

  1. バンドルカードで業者指定の商品などを購入。
  2. 購入報酬として、業者から現金がキャッシュバックされる。

バンドルカードの現金化の流れを、より詳しく見ていきましょう。

バンドルカードの現金化の流れ

ここからは、実際にバンドルカード現金化業者でバンドルカードを現金化する流れを解説していきます。

  1. ポチッとチャージで限度額範囲の金額を入力
  2. 残高チャージが完了したことを確認
  3. 現金化業者のHPへ
  4. 現金化業者へバンドルカード現金化を申込
  5. 本人確認
  6. 決済手続き終了
  7. 商品受取
  8. キャッシュバックにより指定口座に現金振込

優良バンドルカード現金化業者であれば、これら現金化までを30分以内で完了してくれる場所もあります。

換金率は平均50%ほど

バンドルカードを業者を利用して、現金化する際の平均の換金率は80%ほどになります。

「チャージした残高分が現金化されるわけではない」という点には、注意が必要です。

例えば、50,000円分のバンドルカード残高があった場合、換金率が80%の業者であれば振り込まれる金額は40,000円になります。

バンドルカードの現金化が可能な業者に「GoGoマッハ」があるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

バンドルカードの特徴

ここではバンドルカードの特徴について、深堀りしていきます。

バンドルカードとは?

バンドルカードとは、クレジットカードで有名なVisaが展開しているプリペイドカードです。

「1分で誰でも作れて、3分で買い物完了!」のキャッチコピーで知られており、どなたでも手軽に利用できることで知られています。

バンドルカードは大きく分けて「リアルカード」と「バーチャルカード」の二つに分けられており、それぞれ利用方法に違いがあるため注意が必要です。

リアルカードについて

リアルカードは、その名の通り現物のバンドルカードで、リアル店舗で利用できるカードとなります。

リアルカードには「バンドルカード リアル」と「バンドルカード リアル+(プラス)」がありますが、前者はとくに本人確認は不要で後者は「メールアドレス」の登録、さらに「本人確認書類」のアップロードが求められます。

バーチャルカードについて

バーチャルカードは、ネット上でショッピングするためだけに利用できるバンドルカードです。

ネットのみで利用できる電子マネーのような内容と認識していればわかりやすいかもしれません。

バンドルカードの限度額

バンドルカードにチャージをすることができる限度額は以下になります。

1回のチャージ限度額 3万円まで
1ヶ月のチャージ月間限度額 12万円
1枚の累計金額 100万円まで

ちなみに、1枚で累計100万円以上のチャージはできないため、100万円以上のチャージをバンドルカードにしたい場合は再発行をおこなう必要があります。

コンビニやATM、クレジットカードからもチャージ可能。(Visa、Mastercard、JCB)。

チャージした後は、対応店舗でバンドルカードでの支払いをおこなえば利用可能です。

バンドルカードの作り方

バンドルカードバンドルカードの作り方はいたってシンプルです。ここではバーチャルカードの作り方を順を追って解説していきたいと思います。

  1. バンドルカード専用のアプリをダウンロード
  2. 氏名や電話番号、生年月日など記入必須項目を埋める
  3. SNS認証を済ます
  4. ATMやコンビニエンスストア、ネットバンクなどから現金をチャージ
  5. 利用可能

バンドルカードの大きな特徴は、審査などがなくどなたでも作成することができるところです。

未成年者であっても保護者の同意があればバンドルカードを作成できるところから、かなりハードルが低いプリペイドカードといえるでしょう。

バンドルカードの魅力

バンドルカードは一般的なプリペイドカードと比較して、さまざまな魅力があります。

  • 誰でも審査なしで作成できる
  • バーチャルカードなら発行料がない
  • 入会金や年会費が無料
  • クレジットカードからもチャージできる

バンドルカードは現金の代わりにさまざまなショッピングができたり、どなたでも利用できるなど、プリペイドカードを初めて作りたいという方にもおすすめのカードといえるでしょう。

そんなバンドルカードには「ポチッとチャージ」というユニークな仕組みがあります。

「ポチッとチャージ」とは、バンドルカードのアプリからチャージ金額を設定してタップするだけで即座にチャージ可能な機能です。

しかも支払いはコンビニなどで後払い可能。

手数料はかかるものの、手元に現金が無くてもショッピングすることができるため人気の機能とされています。

バンドルカード現金化に違法性はある?

バンドルカードを現金化する上で、「違法性」が気になる方も多いかもしれません。

  • バンドルカード現金化自体に違法性がない
  • ポチっとチャージには注意

それぞれ解説していきたいと思います。

バンドルカード現金化自体に違法性がない

まず、結論としてバンドルカードの現金化自体に違法性はありません。

クレジットカード現金化などはクレジットカード会社が現金化目的での利用を規約で禁止していることから、違法性がグレーゾーンなです。

しかし、バンドルカードには規約には現金化を禁止する条項がないため、とくに現金化したことによる刑罰を受けることはないと考えられます。

ポチっとチャージには注意

一方、バンドルカード現金化の方法の一例として提案したポチっとチャージ。こちらの利用には注意が必要です。

そもそも、バンドルカードのポチっとチャージは提携している「Gardia株式会社」が提供しているサービスです。じつは、Gardia株式会社は現金化目的での利用には禁止の条項が存在しています。

また、バンドルカードはdocomo払いでも後払いチャージが可能ですが、ドコモの規約違反に抵触する可能性があるのです。

バンドルカード現金化は、あくまで今のところグレーゾーン。こういった認識で利用をすることが重要になってきます。

バンドルカードで現金化をするデメリット

バンドルカードで現金化するデメリットがこちらです。

  • 自分で現金化するのは時間がかかる
  • 買取業者がまだ少ない
  • グレーゾーンである

それぞれ解説します。

自分で現金化するのは時間がかかる

バンドルカードの買取方法の項目で、「Amazonギフト券を購入し、換金する」といった方法を紹介しました。これは自分で可能な現金化ですが、かなり時間がかかります。

まず、アプリにチャージした後でAmazonギフト券を購入する、それをチケットショップなどに持ち込み現金化。

今すぐ現金が欲しいといった方には不向きな現金化といえるでしょう。

買取業者がまだ少ない

バンドルカードそのものを買取する業者というのは、まだまだ少ないのが現状です。

Visaが展開するサービスであるものの、そこまで多く広まっているわけではなくメジャーとは言い切れません。

そのためバンドルカードを現金化する際、現金化業者を探すのに時間がかかってしまうデメリットはあるでしょう。

グレーゾーンである

前述したようにバンドルカード自体の現金化は違法ではないものの、一部機能を提供している企業が絡むと違法になる可能性があります。

そのため、“絶対に問題はない”といった認識では利用しない方がよいかもしれません。

他の現金化方法も気になる方は、以下のページでPayPayの現金化方法を解説しているのでチェックしてみて下さい。

PayPayの現金化方法はこちらで詳しく解説

「PayPay(ペイペイ)」現金化は可能?現金化の方法や注意点を徹底解説!

バンドルカードで現金化をするメリット

バンドルカード現金化にはデメリットもありますが、やはりメリットの方が圧倒的に多いと考えることができます。

  • バンドルカード自体は誰でも作れる
  • 審査がない
  • 誰にもバレずに現金化可能
  • 現金化業者も増えてきている

それぞれ詳しく解説していきましょう。

バンドルカード自体は誰でも作れる

クレジットカード現金化と比較して、バンドルカードの現金化はハードルが低いといわれています。

そもそもバンドルカードは未成年の場合は保護者の承諾が必要ですが、成人の方であればどなたでも作ることができるものです。

後払いサービスも書類審査などがなく、困った時にすぐに使えるところが魅力といえるでしょう。

審査がない

バンドルカードを現金化する際、現金化業者による審査がないところもメリットです。現金化業者に申し込むと本人確認の連絡はj入りますが、ブラックだったり家族、在籍確認などそういったことはおこなわれません。

つまり、ブラックでも誰にもバレずにすぐに現金化することができるのです。

現金化業者も増えてきている

デメリット部分に、バンドルカードの現金化業者がまだ少ないといったことをお伝えしました。

しかし、一方でどんどんバンドルカード現金化業者は加傾向にあり、これから先も増加していく可能性が高いといえます。

今後伸びていくカードだけに、換金率もどんどん上がっていくことが期待できるでしょう。

まとめ

バンドルカードは誰でも手軽に作ることができる便利なプリペイドカードです。

まだまだバンドルカード現金化業者は少ないので現金化が難しいといわれていますが、これから増えてくる可能性があります。

バンドルカード現金化がメジャーになることで、換金率も高くなるはずです。

ぜひバンドルカード現金化を検討されている方は、今記事を参考にしてみてください。

-後払い現金化

© 2022 ファクタリング会社・請求書買取のおすすめ比較【hatoプロジェクト】